荒野行動のチートのやり方iphone版!。

ごく、最近に荒野行動をやり始めて「チート」という言葉を知り始めたあなた、iphone版でのチートのやり方と、安全にチートするやり方をお伝えします。

この記事を読むことで、あなたが荒野行動でのチートのやり方を学ぶ事ができますので、最後までご覧下さい。

iphoneでの荒野行動でチートをする上で必要な事

IPHONEの脱獄とは

Q)iPhoneでいう脱獄とはどういうことですか?

A)iPhoneは、基本的にはインターネット上で配布されているアプリケーションを使用することはできません。

iPhoneで使うことができるのは、AppleStoreからダウンロードすることができる、Appleの認可を受けたアプリのみになります。

例えばゲームのプレイ動画を記録したい場合、スクリーンショットの動画版を撮れるアプリケーションが必要となります。

しかし、Appleはなぜかそのような機能を持っているアプリケーションに許可を出していないので、現状ではPhoneでは動画版スクリーンショットを撮ることはできません。

そこで考え出された方法が、脱獄です。

脱獄をすれば、Apple公認ではないインターネット上で配布されているアプリケーションを使うことができるようになります。

しかし、その場合すべて自己責任になります。例えば、ウイルスが仕掛けられているアプリケーションをダウンロードしたために、

個人情報がすべて盗まれ、iPhoneのOSなどの情報がすべて破壊されiPhoneがただの箱と化す可能性もあるわけで、ゲームで言うなら、

改造コードや裏技なんかを使って、本来はゲットできないアイテムを入手するようなもので、予期せぬバグが発生する可能性も十分ありえます。

_______________

Q)=クエスチョン

A)=アンサー

_______________

GEMEGURDIANとは!?

Q)あのーゲームガーディアンの使い方を知りたいですみんな脱獄してるとか言ってるんですけどその意味もあまり分からないのでそーゆうのから教えてください。

A)獄(JailBreak)とは 「非公式アプリの動作を可能にすること」である。

通常iPhoneなどのiOSデバイスにインストールできるアプリはAppStoreにあるものだけであるが、特定のツールを使用して制限を開放(脱獄)して、様々なアプリなどをインストールすることができるようになります。

自分で調べたらすぐ出てきます、入り口はコチラのようすべては、自己責任でお願いします。

iGameGuardian iPhone

但しチートをすることは違法行為となりますのでデメリットもありますのでそちらについても調べてみました。

iphoneでの荒野行動のチートでの注意点

荒野行動でのチートで注意すべき点は2点あります

  1. アカウント停止
  2. ウイルスの感染

荒野行動でのチート行為というのはそもそも不正行為にあたりますのでアカウントが停止するリスクがあります。

バトルの終了時にリザルト画面により、他の荒野行動実践者から運営側に通報される可能性が高いです。

その通報数が一定数を超えるとそのアカウントが停止されるので、もしチート行為をするのであればそのリスクを加味してください。

荒野行動でのチート行為のやり方、iphone版まとめ

チートを行っているプレイヤーは確かに存在していますが荒野行動公式TwitterでもBanなどを積極的に行ってくれています。

それでも一瞬だけ強くなれるもののAppleの保証が受けられない、逮捕の危険性もあり今後荒野行動のアカウントが永久に凍結される可能性があるチートを使いたいでしょうか。

チートツールなどはTwitterで検索すると簡単にかなりの数が出てきてしまいますがそれも怪しいもの(スパムやウィルスなど)が多いです。

Ban保証など甘い言葉にだまされずチートは無視し、理解して頂きその行為は絶対にやめた方が良いでしょう。

もし、荒野行動をより楽しむことをやりたいのであれば、金券を集めるのがよいでしょう。

アカウント停止のリスクを避けた上で、金券を大量にゲットしするには、こちらをご覧ください。

>>ポイントサイトについて

チートを見かけたら自分もやりたいと思わずに、逆に通報して切り替える考え方が大切です。

実際にチートを使ったことでBanではすまされず逮捕者も出ているのです。

Banとは

「禁止令、破門、追放、公権剥奪」などを意味する英語です。基本的には迷惑行為や違反行為を行った悪質ユーザーに対して「BAN」という処置がとられます。

ニコニコ動画やYoutubeであれば「垢AN(アカウント停止処分)」、ネトゲなどでは「垢BAN、もしくは永久BAN(そのゲームタイトルに踏み入ること自体を規制されること)」という形で使われています。

インターネット上では、悪質ユーザーを排除する為のフィルタリング措置、またその行為を指す場合が多い。

チートの内容は本来出来ない動きをできるようにしたという内容ですがそれだけでも逮捕となりました。

犯罪名は「電子計算機損害等業務営業妨害容疑」となっており、逮捕されたのは高校生でした。

簡単にできてしまいそうなチートですがリスクしかなく、逮捕など日常生活に被害が及ぶこともあります。